始まり

あるワイン醸造家一家が、パリのビストロでのクリエイティブな変化に啓発され、美味しいワインを造るために1920年代初頭にローヌ渓谷のドフィネ地方に住み着きました。当時、パリはヨーロッパの芸術と学問の中心地でした。音楽家や画家、作家たちはパリ市民たちと一緒に賑やかなビストロでシンプルで美味しい食事とワインを味わい、人生を謳歌しながら新しい思想を生み出していたのです。ドフィネ産のワインは伝統的なビストロの食事と相性が良い活き活きとした風味で高く評価され、パリのビストロで人気のあるワインの多くがドフィネ地方産でした。

現在、才能豊かな新しい世代の葡萄生産家兼ワイン醸造家がローヌ渓谷南部で、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードルなどの伝統的なセパージュから生まれるワインを造っています。これらのワインは今でもフランスの歴史の中で最もクリエイティブで活気に溢れていた1920年代の人生の喜びからインスピレーションを受け継いでいます。